和とか洋とかでくくれない本格的日本の家のデザインを追求し、木造在来軸組工法、国産材、自然素材にこだわります。

株式会社若山建築事務所

〒421-3107 静岡市清水区由比阿僧941-4
TEL054-375-5289 FAX054-375-5284
  • 家を建てる、家を買う
  • リフォームする
  • 庭・ガーデニング
  • 土地から探す
  • 家具・インテリア
  • その他住まい関連
  • その他の建築施設
  • 土木工事
  • プロ向け検索

自然の国産材の木造住宅にこだわり、伝統から教わることを大切にする。そんな家を造る。

 デザイン
 長い年月使われてきたものがもつ用の美。訳があって形成されてきた姿と形。それらを大切にし、新しい住まいの中で生かしていく考え方。人間の内面からみがかれていくような簡素な室内空間がもつ洗練された美意識。住まいをデザインする時に忘れてはいけないことだと思う。和とか洋とかでくくれない本格的日本の家のデザインを我々は追求している。

 木造在来軸組工法
 高温多湿のこの国で1400年も前に建てられた木造建築が現存しているという事実。くさらず、白アリに食わせないで木の建築を長持ちさせる家づくりの知恵。地震で三重の塔、五重の塔は一度として倒れていない。しっかりと構造計画された木造の軸組は、実は非常に強じんな構造  であることを再認識すべきだ。この国の数千年来の住まいの歴史の上に立つ木造軸組工法こそ、我々日本人が住む住宅だと思う。

 素材
 家は人を心身共にいやす場所でなくてはならない。また、子供を育てる、まさに人をはぐくむ場所でもある。今シックハウスが大きな問題として取り上げられているが、我々はもう10年も前から建物は自然素材でつくるべきだと実践してきた。人を病気にするような、またそのおそれがあって室内環境を人工的に手を加えなければ安心して暮らせない家など、はっきり言って家じゃない。

 国産材
 安い材料だからと海外の森林を荒し、自国の林業をほろぼす。我々は水害までも輸出している。安い安いと言って外材で家づくりをしている皆さんよ、よく考えておくれ。その安い材料が遠い外国からこの国に運ばれて建築部材になるまでに、いったいどれだけのエネルギーを消費してきたか。どれほどの二酸化炭素を放出してきたことか。その行為が自らの国の根幹をむしばみ、地球環境を破壊していることを知らないはずはない。今すぐやめるべきだ。我々は国産の木材で家を造る。

名称
株式会社 若山建築事務所


ホームページ
http://amefuri.jp
コンタクト
〒421-3107 静岡県静岡市清水区由比阿僧941-4
TEL:054-375-5289
FAX:054-375-5284
E-Mail:wakayama@mail.amefuri.jp

「クローズアップ!」ページ:
「クローズアップ」はこちらから
http://www.kenchikunavi.ne.jp/navi/modelhouse/220230/



オリジナルホームページをご覧ください

http://amefuri.jp/


⇒アクセスMAP 地図で見る
許可・登録
建築士事務所登録 静岡県知事(1)第6170号
代表取締役
若山 誠治




代表者の略歴・資格等
昭和52年 去オ和設計
昭和60年 菊池建設且O島工事事務所 所長
平成9年 菊池建設叶テ岡支店 支店長
平成12年 潟潟bク工房専務取締役設計部長
平成15年 且瘤R建築事務所 設立

<資格>
・一級建築士
・一級施工管理技士

取引銀行
静岡銀行
所属団体
雨楽会
日本庭園協会
雨水市民の会
沿革
平成15年8月1日開設
平成17年12月 株式会社化
ページトップに戻る
Powered by 建築ナビ