家づくり・住まいづくりの総合情報発信サイト『建築ナビ』

静岡
建築ナビ−静岡の住宅会社(工務店)や設計事務所、リフォーム会社、家具店、造園会社(庭・エクステリア)などを探すなら、家づくり・住まいづくりの総合情報発信サイト

 建築ナビの会員の皆様だけでなく、業界関係のプロの方々が、一般の皆様に住まい全般のさまざまな知識をご提供させていただくコーナーです。
 当コーナーで紹介させていただいています内容は、プロの方々が社会貢献的位置付けで、自社PRではなく公正な内容に徹し、皆様の住まいづくりの知識に資するような情報を投稿してくださっていますので、大いに参考にしていただけると幸いです。
※それぞれの投稿者によって意見が異なったり、投稿原稿間で矛盾が生じたりする場合も想定されます。情報に誤りのある場合も含めて、当社および建築ナビ事務局は一切の責任を負いませんので、読者様の責任において情報を選択して下さいますようお願いいたします。
一覧に戻る

収納で失敗しない家づくり
内装:内装の小分類

投稿者投稿者LiveDesign 後藤史恵

住まいの悩みベスト3に必ず入るのが収納の悩み。マイホームを新築・リフォームしたら、そんな悩みから解放され片付いた家ですっきり暮らしたいと願う人も多いはず。そこで整理収納アドバイザー・インテリアコーディネーターの立場から「収納で失敗しない家づくりのポイント」をまとめてみましたので、参考にしてください。

建築設計の前に暮らしの設計を

 家を建てる、リフォームするとなると、いきなり間取りや収納場所を考えてしまう人が多いですね。でもそうした「建築設計」の前に、新居でどのように過ごしたいのかといった「暮らしの設計」をじっくり考えることが大切です。
 家が片付かない原因は大きくわけると二つ。
 一つは家の間取り、家具や収納容器などのハードの問題。もう一つはソフト面での問題で、モノが捨てられない、時間がない、主婦が一人で片付けていて家族が非協力的などです。
 ハード、ソフト両面からアプローチが必要ですが、ソフト面には各自のライフタイルが大きく影響しています。
持っているモノの種類や量、共働きかどうか、家族の年齢や趣味などで収納プランの作り方も変わってきます。テレビや雑誌で紹介された他人の成功例を取り入れてもうまくいかないことが多いのはそのためです。

何が一番もったいない? 優先順位を決めよう

 具体的に収納を考えるのにまず行うのが、持ち物の総点検と見直し。不要なものは捨てたり、リサイクルショップで売るなど処分し、本当に必要なモノの量を把握します。量を把握しないと、どれだけ収納スペースが必要かわかりません。
 家を新築されるお客様が「うちはバスタオルをいっぱい使うので置き場を広くしたい」と言うので、何枚必要ですかと伺っても「とにかくたくさん」というばかり。  そこで家族が生活するのに必要な枚数を一人につき何枚、ストック何枚と決めてもらいました。実際にはその枚数より多く持っていたのですが、使う当てのないものまで狭い洗面所に保管すると大変です。多い分は処分するか、他の場所で保管してもらうよう提案しました。
 このように自分の持ち物の総量、暮らすのに必要なモノの数をわかっている方はほとんどいません。ぜひ一度モノを持つ基準を決めてください。たとえ新居に多くの収納を作っても、基準がないとすぐそこもいっぱいに。それに収納を多く作ればその分人が暮らすスペースが減りますし、維持管理も大変になりますよね。
 「もったいなくて捨てられない」との声をよく聞きますが、あなたにとって何が一番もったいないですか(モノ、スペース、お金、時間、片づけに追われない気持ちゆとり)。  収納に限らず家づくり全般で言えることですが、一つの条件を優先すれば他に影響がでるもの。建築や収納の具体的な知恵はプロの知恵を借りることもできますが、優先順位を決めることだけは住む当人でないとできないことです。

「しまう」より「出して使う」を重視

 収納で一番大事なのは必要なモノがすぐ取り出せて、戻しやすい状態をキープできること。置き場所は使う場所の近くがベスト、生活動線をよく考えて配置しましょう。
押入れ
一間(幅180cm)の標準的なサイズの押入れ。布団の横幅に合わせて棚を作り、その横は長ものを収納できるようにしました。
 配置だけでなく、収納場所の高さや奥行も重要です。手が届かない高さは頻繁に使うモノには不向き、入れるものに対して奥行がありすぎると前後2列に入れてしまい、後ろのモノを探すのや出し入れが不便です。押入れの奥行は布団を入れるのには必要ですが、それ以外のモノには深すぎます。
 なんとなく収納を作るのでなく、入れる物を決めてそれにあった奥行で収納を作りましょう。
畳コーナー   キッチン
畳コーナーに引き出し収納設置。一段高い畳コーナーは下部が収納として使えるほか、高齢者が立ち座りしやすいメリットも。   キッチンの横の壁の中に作ったニッチ棚。奥行10cm強ですが、調味料を置くことができます。

 屋根裏収納、床下収納を私はおすすめしていません。壁の厚みを活用したニッチ棚を作ったり、畳コーナーの下を活用するなどの工夫で対処し、それでもダメな時の最終手段としています。

壁面もないとモノが置けない

 収納が全て作りつけで済むというケースは少ないと思います。持ち込む家具などは間取りを考える時に合わせて置き場を検討、図面の中に書き込んでみましょう(設計士やコーディネーターに頼めばやってくれます)。

壁面高さ
奥行

 モノを置くにはどうしても壁面が必要です。窓を大きくしたり、各壁面に窓や出入り口があると、連続した壁面がなくなり家具などを置けなくて困ることに。最近テレビが大型化していますから、特にリビングには意識して連続した壁面を作りましょう。テレビ台と収納が一緒になったリビング収納家具も最近充実していろいろな商品が出ています。
そのほか、収納に合わせて考えることはコンセントやテレビ・インターネット配線の差込口の計画。置きたい場所にモノを置けなくなったり、配線が部屋の中を横断してしまうことになりかねないので気をつけましょう。

※ 整理収納アドバイザーとは

 NPOハウスキーピング協会(http://www.housekeeping.or.jp/)が認定する資格。
収納の悩みを利用者のライフスタイルを振り返りながら一緒に解決するコンサルティングや、実際の片付け作業の指導を行っている。
ページトップに戻る
静岡県内の住宅会社・設計事務所を探すなら、マイホームを建てたい人のための住まいづくり総合情報サイト『建築ナビ』
建築ナビTOPへ
戸建て・マンション
新築アドバイス
設計者の選び方
家づくり体験談
新築一戸建て
ローンシミュレーション
リフォーム
リフォーム事例で見る
リフォーム相談室
コラム
住まいの知識コーナー
プロの素顔ブログ
住まい大好きブログ
風水講座
一級建築士インタビュー
建築士ママの子育て日記
建築士ママの介護日記
専門家が教えるマンションリフォーム
展示場
クローズアップ!
NETショールーム
住まいづくりパートナー
パートナー一覧・検索
ニュース・トピックス
ニュース
基礎用語集
建築ナビ事務局
〒422-8027 静岡県静岡市駿河区豊田1-9-34  TEL:(054)-288-8121  E-mail: