静岡県建築住宅まちづくりセンタ−は、建築確認・検査業務をはじめ、住宅金融支援機構から受託する住宅設計審査・検査、住宅かし保険受託業務・検査、住宅性能評価審査・検査、特殊建築物の定期報告業務―の5事業によって、建築物の安全性向上、申請者の利便性向上を図るとともに、住宅産業の振興、建築技術者の育成、建築物を核としたまちづくり事業にも貢献しております。

静岡県建築住宅まちづくりセンター

〒422-8067 静岡市駿河区南町14-1 水の森ビル
TEL054-202-5570 FAX054-202-5285
  • 家を建てる、家を買う
  • リフォームする
  • 庭・ガーデニング
  • 土地から探す
  • 家具・インテリア
  • その他住まい関連
  • その他の建築施設
  • 土木工事
  • プロ向け検索
ニュースメニュー

定期報告制度見直しでセミナー

2008年07月25日
静岡県建築住宅まちづくりセンター(青山巖理事長)は18日、静岡市葵区のもくせい会館で、特殊建築物等定期報告検査資格者向けの実務講習会を開いた。140人の主席者が、定期報告制度の見直しの概要や検査業務基準などについて講義を受けた。

 今回の講習では、特殊建築物など定期報告業務の実施体制の整備が求められている中、排煙設備・換気設備・非常照明など検査業務基準の解説を行った。静岡市建築指導課職員の講義に加え、検査業務の留意点や、スムーズに進めるためのポイントを盛り込んだDVDが上映された。

 既存建築物の維持管理は人命や財産を守る観点から、今後ますます重要性が高まる。参加者した検査者は、報告率のアップに向けて実務面のノウハウ取得や、制度を把握するため、熱心に講義を聴いていた。 

<建通新聞・静岡 2008年7月25日付>

記事検索
ページトップに戻る
Powered by 建築ナビ