木内建設株式会社は、(1)快適で豊かな生活環境の創造を核とした事業の展開(2)活発な企業活動と人づくりの実現による社会への貢(3)たゆまぬ従業員の生活向上を目指します。

木内建設

〒422-8633 静岡市駿河区国吉田1-7-37
TEL054-264-7111 FAX054-262-9295
  • 家を建てる、家を買う
  • リフォームする
  • 庭・ガーデニング
  • 土地から探す
  • 家具・インテリア
  • その他住まい関連
  • その他の建築施設
  • 土木工事
  • プロ向け検索
ニュースメニュー

静岡市立静岡病院施工を行いました

2008年11月05日
静岡市立静岡病院新東館が木内建設、第一建設、叶ツ山工務店の施工で完成した。
 
 静岡市立静岡病院新東館は、市民の命と健康を守るという、重要な役割を果たしている。このたびの新東館の完成で静岡病院は、地域医療の中核となる病院として、また、安全・安心なまちづくりの拠点施設として、市民生活をサポートしていく。
 
 また、5種類の免震装置を組合わせ、建物と人を地震から守っている。
◆積層ゴム支承
 ゴムと鋼板を交互に積み重ね加硫成型で一体化したもの。鉛直方向に堅く、水平方向に柔らかい特性を得る。地震時には建物を支持しながら大きく変形することができる。

◆鉛プラグ挿入型積層ゴム支承
 積層ゴム支承の中央部に鉛を圧入したもの。地震時には鉛は塑性変形し、地震エネルギーを吸収する。地震後の鉛は元の状態に戻るため、その後の地震に対しても機能は落ちることはない。

◆弾性すべり支承
 すべり板の上に積層ゴム支承が置かれたもの。すべり板と積層ゴム支承間の摩擦係数は非常に小さく、僅かな力で水平に動くことができる。免震層のバランスや周期を調整することに使われる。

◆免震オイルダンパー
 オイルの中をピストンが動く時に生じる粘性抵抗により地震力を吸収するもの。工業製品であるため、性能は安定しており、地震に対する効果は落ちることはない。

◆U型鋼材ダンパー
 品質の高い圧延鋼材をU型に加工したもの。鋼材の降伏を利用して地震エネルギーを吸収し、揺れを低減することで大地震に対して大きな効果を発揮する。温度や振動数に対する依存性も少なく、大きな変形の繰り返しに対する疲労特性にも優れている。

■工事概要■
◇工事名称−平成17年度静岡病院新館建築工事
◇施工場所−静岡市葵区追手町地内
◇発注者−静岡市
◇設計監理−久米設計
◇規模−鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地下1階地上12階建て延べ2万3775u
◇工期−2005年11月18日〜2010年2月26日

<建通新聞・静岡 2008年10月31日付>

※写真<上>完成した静岡病院新東館
    <下>5種類の免震装置


記事検索
ページトップに戻る
Powered by 建築ナビ