家づくり・住まいづくりの総合情報発信サイト『建築ナビ』

静岡
建築ナビ−静岡の住宅会社(工務店)や設計事務所、リフォーム会社、家具店、造園会社(庭・エクステリア)などを探すなら、家づくり・住まいづくりの総合情報発信サイト

【002】
ラッキーになる法則…その1

 世間で良く『方位』が言われる。『西の方向に赤い花を生けなさい』とか、『今日は、こちらの方向が吉、こちらは凶』というものである。いろいろと言われているが、『なぜそうなるのか』が説明されていない。
 理由は、それを言うと『風小屋・占い師』が『飯の食いあげ』になるからである。わが「建築ナビ」では、それをここ数回で喜んで教えようというわけである。

『五行の相生(そうしょう)』ということ

 まず、五行ということを説明しよう。五行とは、天地万物をすべて5つの元素にあてはめる考えである。2100年前の漢代に中国で体系化された。
 万物は木・火・土・金・水の5つの元素に分類される。それはまた循環するとしている。例えば、木が燃えると火になる→火は灰(土)となる→土の中から金属が出てくる→金属は冷やすと水を呼ぶ→水は木や草に吸われて木となる→木は燃えて火となる……こういう風に万物は循環していくというわけだ。

『五行の相克』ということ

 さらに五行には、勝ち負けがある。図Aを見ていただきたい。まず水を火にかけると火は消える。水は火に勝(克・剋)つわけだ。同様に火は金に克つ…金属は火で溶けるから。また金は木に克つ…金属で木を切れば、容易に切れるから。木は土に克つ…木は土に根をはやしているから。土は水に克つ…土の堤防で水を防いでいるから…とするのである。これを『五行の相克(剋)』とよぶ。

『五行の色』ということ

 そして、この五行には色があるのだ。木(青)、火(赤)、土(黄)、金(白)、水(黒)。これを五色という。仏教旗になっているのは、周知のとおりである。昔は、字が読める人が少なかったが、これなら簡単に分かる。

稲荷の鳥居の赤いわけ

 さて、この五行の運用を示そう。稲荷の鳥居が赤く、社殿も赤く塗ってあるのは、この『五行の法則』を利用したからだ。
 まず、稲荷は『いねなり』で、稲を実らせる神のこと。土地の神でもある。この『土』の親は、五行の相生でいうと『火』である。火が大きければ、盛んであればあるほど土の力は強くなる…だから、火の色である『赤』を盛んにすれば、土の力が栄えて豊作になるということになるのだ。こうして稲荷の鳥居や社は赤いのである。
 ダルマさんが赤いのも、赤が土の親だからである。ダルマの赤が増える→土地が栄える…という方程式、これがすなわち風水の法則なのである。赤飯もこの原理からきていることは、お分かりだろう。

つづく
プロフィール

静岡県立大学名誉教授
教授 略歴

昭和15年広島県尾道市生まれ、
早稲田大学政治経済学部および香港中文大学新亜研究所修了。
香港、台湾、日本の大学講師・客員教授を経て、
東京プレスセンター編集長となり文筆業に従事。
現在、
静岡県立大学国際関係学部および同大学院教授。現在名誉教授。
『客家・中国の中の異邦人』(講談社)で、日本文芸大賞受賞。

住居:〒420-0881 静岡県静岡市北安東1-30-12。

ページトップに戻る
静岡県内の住宅会社・設計事務所を探すなら、マイホームを建てたい人のための住まいづくり総合情報サイト『建築ナビ』
建築ナビTOPへ
戸建て・マンション
新築アドバイス
設計者の選び方
家づくり体験談
新築一戸建て
ローンシミュレーション
リフォーム
リフォーム事例で見る
リフォーム相談室
コラム
住まいの知識コーナー
プロの素顔ブログ
住まい大好きブログ
風水講座
一級建築士インタビュー
建築士ママの子育て日記
建築士ママの介護日記
専門家が教えるマンションリフォーム
展示場
クローズアップ!
NETショールーム
住まいづくりパートナー
パートナー一覧・検索
ニュース・トピックス
ニュース
基礎用語集
建築ナビ事務局
〒422-8027 静岡県静岡市駿河区豊田1-9-34  TEL:(054)-288-8121  E-mail: