家づくり・住まいづくりの総合情報発信サイト『建築ナビ』

静岡
建築ナビ−静岡の住宅会社(工務店)や設計事務所、リフォーム会社、家具店、造園会社(庭・エクステリア)などを探すなら、家づくり・住まいづくりの総合情報発信サイト

【007】
ラッキーになる法則…その6 オミクジで必ず『大吉』をひく方法

 神社やお寺に、オミクジがある。神・仏が運命を予言してくれるという前提があるからだが、必ず『大吉』をひく法則がある。
 まず、オミクジをひく。『凶』が出たとする。そのときに言うのだ。『神様ありがとうございます。凶になると事前に教えてくださって、嬉しいです。もう分かりましたから、これを預かってください』。そうして木に結びつけるのである。これで凶の運は、回避されたことになる。
 つぎに、またひく。『小吉』。『神様ありがとうございます。でも、もう少しなんとかなりませんかね』。そう言って、また木に結びつける。

もう一度考えてみよう

 そして、3回目をひく。今度は『大吉』!
 『あーこれこれ!これですよ!』と言って、この大吉のオミクジを持って帰ればいいのだ。お分かりだろう。オミクジは、大吉が出るまでひけば、必ず大吉になるのである。これは、誰にでもできる。
 えー!と思う人もいるかも知れないが、よく考えてほしい。『オミクジは一度しかひいてはならない』という決まりなどないのだ。

 それを勝手に『一度だけ』と思い込んでいないだろうか。風水の目的は『人が幸せになるため』にあるのだから、幸せになるように考えるのが、本当の風水のはず。
 じつは、こういう思い込みこそが問題なのである。何度も言うが、『ここが鬼門だから、悪い』と言う人は、『それなら、どうしたらいいか!』を付け加えないかぎり、『インチキ風水屋』か『ネタミ』『嫉妬心』からきているだけのマイナス思考人間と言っていい。
 そういう者は、どんなことでもケチをつけるもので、家を建てるときばかりか、ほかのことでも、つねに『ケチツケマン』なのだ。

 それより、そういう者の話をまじめに聞く事そのものが、『ケチツケマン』の仲間になったことを意味しているのだ。ケチツケマンの言うことを、何も考えずに信じることこそが問題なのである。
 サギ師も悪いが、それにひっかかる者も悪いのである。
 インチキ風水説を『説くもの』より、それを『信じるもの』の責任も忘れてはなるまい。われわれは、そうなりたくないものだ。

目の高さを変えよう

 文頭にあるように、『オミクジ』で大吉をひくことはなにも難しいことではない。大吉が出るまでひく…この考えは、ほかのことにも応用できる。
 『英語がうまくなりたい』のなら、うまくなるまで努力すればいいのである。それを、途中で止めているだけではあるまいか。『私は英語ができません』ではなく、『できるまでやっていません』なのでは、ないだろうか。それが、風水的考えかたなのである。

 ここで、お分かりだろう。風水とは、明るく・前向きに考えることなのである。目の高さを変えて、明るく・前向きに世の中を考えていくと、まわりもそうなるのである。
 まあ、『風水的発想』とはどういうものか、お分かりになられたと思う。読者諸賢も、そういう風に説いている本を読まれることを勧めたい。例えば、ドクターコパや荒俣宏氏の著書など、小生は推薦したい。共通点は、明るく考えていることである。

つづく
プロフィール

静岡県立大学名誉教授
教授 略歴

昭和15年広島県尾道市生まれ、
早稲田大学政治経済学部および香港中文大学新亜研究所修了。
香港、台湾、日本の大学講師・客員教授を経て、
東京プレスセンター編集長となり文筆業に従事。
現在、
静岡県立大学国際関係学部および同大学院教授。現在名誉教授。
『客家・中国の中の異邦人』(講談社)で、日本文芸大賞受賞。

住居:〒420-0881 静岡県静岡市北安東1-30-12。

ページトップに戻る
静岡県内の住宅会社・設計事務所を探すなら、マイホームを建てたい人のための住まいづくり総合情報サイト『建築ナビ』
建築ナビTOPへ
戸建て・マンション
新築アドバイス
設計者の選び方
家づくり体験談
新築一戸建て
ローンシミュレーション
リフォーム
リフォーム事例で見る
リフォーム相談室
コラム
住まいの知識コーナー
プロの素顔ブログ
住まい大好きブログ
風水講座
一級建築士インタビュー
建築士ママの子育て日記
建築士ママの介護日記
専門家が教えるマンションリフォーム
展示場
クローズアップ!
NETショールーム
住まいづくりパートナー
パートナー一覧・検索
ニュース・トピックス
ニュース
基礎用語集
建築ナビ事務局
〒422-8027 静岡県静岡市駿河区豊田1-9-34  TEL:(054)-288-8121  E-mail: