家づくり・住まいづくりの総合情報発信サイト『建築ナビ』

静岡
建築ナビ−静岡の住宅会社(工務店)や設計事務所、リフォーム会社、家具店、造園会社(庭・エクステリア)などを探すなら、家づくり・住まいづくりの総合情報発信サイト

【011】
神社はなぜ南向きにするか

 全国どこにも『神社』がある。原則的に、それは『南』を向いている。しかし『神明さん(アマテラスオオカミ)』のみは、東または西に向いている。これは、祭神のおわす伊勢を拝するためで、伊勢より西は西向き(すなわち東を向いて拝むため)、東のほうは、東向きである。これは、西にあるお伊勢さんを拝するためだ。

◇北はいのちの根源

 こうした『例外』を除くと、ほぼ神社は南向きなのである。その理由は、風水の原理から言うと簡単なことである。
 北には、命の根源の水(風水では子が象徴する)の方位だからだ。子は、水の気の最高方位なのだ。生命はここから生まれるとするのだ。
 江戸の北に日光・二荒山があり、京都の北に鞍馬山があるのもそのためである。日光からは、利根川が流れ、鞍馬からは加茂川が始まる。昔からある町の北には、必ずこうした『水』を祭った処がある。

◇北極星と北斗七星

 さらに、中国の思想が導入されるようになると、北の象徴として北極星が信仰の対象となる。北極星は『北辰』ともいわれ、『太乙』(太一とも書く)とも呼ばれる。
 その『太乙』は、『北斗七星』をともなう。子供のとき習うあの『ヒシャク星』である。北極星を回る北斗七星の位置が、いわゆる『十二支』になり、月や時間・方位をあらわすのは周知のとおりである。その位置を見て、暦としたのである。

◇伊勢は風水の根源地

 この『命の根源』であり、水を意味する『太乙』を拝むのが、神社なのだ。それは伊勢神宮の『外宮』トヨウケノオオカミであり、太陽は『内宮』アマテラスオオカミである。
 両者を祭る伊勢は、言葉を換えていうと『日本の風水の中心地』になるわけで、単なる神社のひとつでないのは、このためである。
 北斗七星が子の位置(旧暦11月・霜月)である真北にきたときを冬至といい、『一陽来復(福)』として、祝うのは周知のとおりである。
 いわば、神社が南向きなのは、北にある北極星(命の根源)に対面するためだからである。日本の神社にお参りすることは、『自分の生命の根源』に会うためでもあるのだ。

つづく
プロフィール

静岡県立大学名誉教授
教授 略歴

昭和15年広島県尾道市生まれ、
早稲田大学政治経済学部および香港中文大学新亜研究所修了。
香港、台湾、日本の大学講師・客員教授を経て、
東京プレスセンター編集長となり文筆業に従事。
現在、
静岡県立大学国際関係学部および同大学院教授。現在名誉教授。
『客家・中国の中の異邦人』(講談社)で、日本文芸大賞受賞。

住居:〒420-0881 静岡県静岡市北安東1-30-12。

ページトップに戻る
静岡県内の住宅会社・設計事務所を探すなら、マイホームを建てたい人のための住まいづくり総合情報サイト『建築ナビ』
建築ナビTOPへ
戸建て・マンション
新築アドバイス
設計者の選び方
家づくり体験談
新築一戸建て
ローンシミュレーション
リフォーム
リフォーム事例で見る
リフォーム相談室
コラム
住まいの知識コーナー
プロの素顔ブログ
住まい大好きブログ
風水講座
一級建築士インタビュー
建築士ママの子育て日記
建築士ママの介護日記
専門家が教えるマンションリフォーム
展示場
クローズアップ!
NETショールーム
住まいづくりパートナー
パートナー一覧・検索
ニュース・トピックス
ニュース
基礎用語集
建築ナビ事務局
〒422-8027 静岡県静岡市駿河区豊田1-9-34  TEL:(054)-288-8121  E-mail: