家づくり・住まいづくりの総合情報発信サイト『建築ナビ』

静岡
建築ナビ−静岡の住宅会社(工務店)や設計事務所、リフォーム会社、家具店、造園会社(庭・エクステリア)などを探すなら、家づくり・住まいづくりの総合情報発信サイト

【012】
地鎮祭の大切さ

 風水から言うと、『地鎮祭』や『棟上祭』は、極めて大切なものである。今回は『地鎮祭』を説明しよう。
 この天地は『陽』と『陰』からなる。陽とは、太陽のあたっている部分だ。陰とは、あたらぬ部分。具体的に言うと『地下』、地面の下ということになる。家は、この陰陽ふたつの上に建てられているわけだ。
 神道のノリトに『底つ磐根に宮柱太しき建て、タカマノハラに千木高しりて…』とあるような日本建築は、地面を掘って、柱を建てることから始まっている。これは、『掘っ立て柱』というのだが、古代からこの建築様式がとられてきた。

◇目に見えぬ部分の大切さ

 神社建築を見れば、ずばり、この通りなのだが、目に見える部分…陽だけでなく、見えない部分…陰の部分も合わせて神社は建っているのだ。この陰の部分をアナともクラとも言う。
 われわれ人間は、このアナ・クラから生まれ(子宮)、そこに帰るのである(墓)。いわば、陰から生まれて、陽に生き、陰に戻るのであるから、陰・陽ともに大切とするのである。神社は、この陰陽双方を祭っているのである。

 そうなると、人の住む家や事業所も陰・陽が意識されることとなる。地鎮祭は、工事関係者全員の祈り・願いをひとつにするとともに、その陰・陽の健全な運行を祈るものであるわけだ。建っている建物の地面の下の部分も大切にしているわけだ。

◇古人の知恵を見直そう

 よく見てみると『地鎮祭』や『棟上式』をやらない家や会社は、不運で、運勢が衰えるところが多い。これは、人の気持ち以外に『目に見えないもの』も大切にするかどうかということであろう。
 キチンと地鎮祭・棟上式をやっておけば、家の設計に少しくらい不満があっても、その家や事業所は栄えるものなのである。
 そういうことを教えるのが、『風水の知恵』なのである。見えているものだけでなく、見えないものをも大切にした先人の経験則は大事にしたいものだ。

◇風水ビデオ出る!!

 なお、『高木桂蔵・暮らしの風水ビデオ<建築編>』が、このたび発売された。まず第1巻であるが、続けて<基本編><くらし編>が出ているので、それも見ていただきたい。
 問い合わせは『住環境風水研究会』
(浜松市助信町347−1 電話・FAX053・479・5755 URL:http://www.fusui-web.jp)まで。

つづく
プロフィール

静岡県立大学名誉教授
教授 略歴

昭和15年広島県尾道市生まれ、
早稲田大学政治経済学部および香港中文大学新亜研究所修了。
香港、台湾、日本の大学講師・客員教授を経て、
東京プレスセンター編集長となり文筆業に従事。
現在、
静岡県立大学国際関係学部および同大学院教授。現在名誉教授。
『客家・中国の中の異邦人』(講談社)で、日本文芸大賞受賞。

住居:〒420-0881 静岡県静岡市北安東1-30-12。

ページトップに戻る
静岡県内の住宅会社・設計事務所を探すなら、マイホームを建てたい人のための住まいづくり総合情報サイト『建築ナビ』
建築ナビTOPへ
戸建て・マンション
新築アドバイス
設計者の選び方
家づくり体験談
新築一戸建て
ローンシミュレーション
リフォーム
リフォーム事例で見る
リフォーム相談室
コラム
住まいの知識コーナー
プロの素顔ブログ
住まい大好きブログ
風水講座
一級建築士インタビュー
建築士ママの子育て日記
建築士ママの介護日記
専門家が教えるマンションリフォーム
展示場
クローズアップ!
NETショールーム
住まいづくりパートナー
パートナー一覧・検索
ニュース・トピックス
ニュース
基礎用語集
建築ナビ事務局
〒422-8027 静岡県静岡市駿河区豊田1-9-34  TEL:(054)-288-8121  E-mail: